男性を誤る女性

早漏に悩んでいる日本人男性は500万人以上はいるとされています。
一般的には包茎でペニスが皮に守られているため刺激に敏感になりすぎたり、経験が浅く刺激に慣れていないために敏感になりすぎることによって早漏になるとされてきましたが、最近ではストレスなどの影響から精神的に早漏になるケースもあるとされています。

早漏は男性にとっては誰にも打ち明けたくない悩みです。
そこで早漏治療薬を使用して改善を図る方も増えています。

ダポキセチンの作用について

早漏の治療薬には有効成分ダポキセチンが含有されています。
では、ダポキセチンが早漏にどのように作用するのでしょうか。

そもそも射精が起こるメカニズムですが、性的興奮やペニスへの直接的な刺激を受けることによって脳内でノルアドレナリンが増加します。
ノルアドレナリンは性的な興奮で増加しますが、それ以外にも緊張や不安などのストレスを受けることで急激に増えることもあります。
ノルアドレナリンが一定量に増えると、脳から射精の指令が出て、射精中枢に届くと精子が飛び出る仕組みです。

射精は反射作用と言って、例えば熱い鍋を触った時に反射的に手を引っ込めるのと同じように自分の意思とは無関係に起こるものです。
射精に至るまでにはいくつかの段階がありますが、脳からの信号が射精中枢に届いてしまうと自分でコントロールはできなくなるので、簡単に言えば早漏の方はその信号伝達が早いということになります。

ダポキセチンは射精中枢の信号伝達に繋がるノルアドレナリンの分泌を抑える効果があります。
具体的には、脳内物質セロトニンがノルアドレナリンを抑制する効果があり、ダポキセチンはそのセロトニンの濃度を高めることができる作用を持っているため、結果的にノルアドレナリンの増加を抑えて射精中枢への伝達を遅らせることができるわけです。
実際の臨床試験によると、ダポキセチンの投与によって射精時間が3~4倍延長したと報告されています。

セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンは三大神経伝達物質といって、不足すると様々な体の不調を引き起こします。
特にストレスが高まるとセロトニンの分泌が減るので、これまで射精時間に問題がなかった方でも精神的な負担で早漏になることもあり、人ごとではないとされています。

ダポキセチンを含んでいる有名なプリリジーについて

ダポキセチンを含んでいる有効成分ダポキセチンです。
2009年にベルギーの製薬会社が世界初の早漏治療薬として開発しました。

プリリジーはダポキセチンの含有量に応じて30mgと60mgがあります。
原則1日1錠までですが、30mgの服用で効果が得られにくい場合は24時間以内に2錠までなら服用が可能です。
ただし、24時間以内に90mg以上の投与は禁止されています。

服用から約1時間で効果が現れるため、性交の1時間前に服用しなくてはいけません。
食事の影響は受けないので空腹時でも満腹時でもタイミングに関係なく服用できます。
効果の持続時間は4時間~5時間ほどです。
また、EDと早漏を併発している方も少なくはありませんが、ED治療薬との併用もできるのが特徴です。

2019年の時点で早漏に効果のある医薬品成分はダポキセチン以外には開発されていません。
早漏治療には包茎治療、カウンセリング、パロキセチンの投与なども行っていますが、簡単に治療を行うのならプリリジーの使用がおすすめされるでしょう。

プリリジーに関しては世界で様々な臨床試験が行われています。
それによると、初めての服用でも挿入から射精までの時間が約2倍に延長され、使用を継続していくと2ヶ月~半年後には3~4倍まで延長されたとの報告があり全体の満足度は高くなっているようです。
パートナーである女性の評価も高く、多くのカップルが満足度の高い性生活を手に入れています。

ちなみに世界各国では認可が進んでいますが、日本ではまだ認可されていない医薬品です。
日本で取り扱うのは厚生労働省から許可を受けた病院のみとなるので、国内での正規流通経路で入手するのが難しいのが現状です。

プリリジー1錠のおおよその価格について

日本では正式に認可されていない世界初の早漏治療薬ということで価格は安くありません。
早漏治療を標榜している病院ならプリリジーの取り扱いがある可能性も高いですが、いずれにしても保険適用外となります。

健康保険適用外だと病院ごとに自由に価格設定をして良いことになっているので、一概にいくらの費用がかかるとは言えません。
病院処方のプリリジーは30mgも60mgも3錠入りで1箱となっており、価格は一律ではありませんが、目安としてプリリジー1錠2000円~3000円ほどが目安になるでしょう。
つまり1箱で5000円~1万円ほどの薬代が発生します。
これに診察料が加わるとさらに高額になりますが、専門クリニックでは診察料無料としているところも多いので薬代のみの負担で処方してもらうことも可能です。

病院で処方してもらうのは抵抗があるという人はネット通販で購入することも可能です。
海外医薬品の個人輸入はルールを守れば認められており、もちろんプリリジーも個人輸入ができる商品です。

個人輸入の場合は60mgが6錠入りで1箱の取り扱いとなっており、1錠あたり1700円~2000円です。
病院と比べると1錠あたり1000円ほど安くなると思っていいでしょう。
まとめ買いをするほど1錠あたりの単価が安くなるので、継続使用を考えている方はまとめて購入するのがお得です。

ただしプリリジーは医薬品なので用法用量を守って使用する必要があり、また、禁忌・併用禁忌もあるので注意しなけれななりません。
できれば一度病院で問診を受けて医師の指導を仰いだうえで使用するのがいいでしょう。
個人輸入は自己責任ですが、偽物も少なくはないのでリスクを踏まえて利用してください。

ダポキセチンの副作用で多い症状

ダポキセチンは効果的な医薬成分なので、他の医薬品と同じように副作用があります。
使用方法を誤まると危険性も高まるので注意してください。

ダポキセチンの主な副作用は頭痛・めまい・吐き気・嘔吐・睡眠障害・下痢・疲労感などが報告されています。
ただし副作用の頻度は1%~10%とごく僅かな発生頻度であり、重篤なケースは報告はされていません。
そのため非常に副作用も少ない安全な医薬品であるといえます。

ただ、同じ姿勢で座っていたり、横になっていた状態から急に立ち上がると起立性低血圧を起こす可能性があります。
起立性低血圧とはいわゆる立ちくらみです。
そのため、起立性低血圧の症歴がある方は注意して服用しましょう。
また、脱水症状の状態で服用すると高熱、嘔吐、下痢などを引き起こすことがあるため、運動後や高気温下では水分をよく取り服用しなければなりません。

医薬品は基本的に水で服用するものですので、ダポキセチンも水で飲むようにしてください。
お茶やジュースでも大丈夫とはされていますが、アルコールとの相性が非常に悪い成分なのでお酒との併用は避けましょう。
吐き気、頭痛、発汗、場合によっては失神などを引き起こす可能性があります。
こういった点に注意しておけば安全に服用できます。

ED治療薬と併用する方もいますが、その場合はED治療薬の成分の副作用が出る可能性があります。
例えば顔のほてり、頭痛、鼻づまり、目の充血などです。
こちらも副作用としては強くありませんが、ダポキセチンに比べると副作用を感じる割合は高くなっています。

国内では認可されていない医薬品なので不安を感じる声もあります。
しかし、使用方法を守れば危険はない効果的な医薬品です。