• ホーム
  • 中折れに悩むあなたにパワーを!レビトラの期待度は

中折れに悩むあなたにパワーを!レビトラの期待度は

2020年06月04日

日本で2番目に承認を受けたED治療薬レビトラは、2003年に欧州で、同年の8月にアメリカでの発売が承認されて、日本では2004年から承認され6月に発売が開始されています。
大手製薬会社の製品なので信頼度も高く安心して使えるので需要も多いです。

レビトラは他のED薬と比べて体内への吸収が早く即効性に優れており、作用時間が長く食事の影響も受けにくいため使いやすく人気があります。

主成分は塩酸バルデナフィル水和物で、バイアグラのクエン酸シルデナフィルとよく似た化学構造式を持っていて作用機序は基本的に同じです。

塩酸バルデナフィル水和物は飲んでから効果が出るまでの時間が短く、副作用が少ない特性があります。
服用後10分から30分で効く即効性と、4時間から8時間の効果の長い持続時間、服用前にとる食事の影響を受けにくいという特徴があります。

レビトラは飲むだけで勃起すると勘違いすることも多いですが、服用するだけで勃起するのではなく何かの性的刺激を受けることで強くするため、刺激がないと効果が得られません。
性的な刺激を受けると勃起作用が働いて、性的刺激がなくなると作用は収まります。
他の治療薬では飲む前に食事の影響を気にする必要がありますが、レビトラは服用前に食べても一定の効果が得られます。

有効成分は異なりますが薬としての作用はバイアグラと基本的に同じで、有効成分が違うので効果には違いが出てきます。

食事の影響を受けにくい特徴があるため、メニーや食事のタイミングを考えたり、食事の影響を受けたくないときに適しています。
ただ、満腹時と空腹時では効果が出るまでにかかる時間と、作用が持続する時間に差が出るといわれています。

空腹時の方がより効果も出やすく、胃の中を空にした状態で服用すると成分がより吸収されるので効き目も強まるので、中折れなどの悩みがあってパワーが弱いと感じているときは、空腹時に飲んだ方がより効果も期待出来ます。

むやみに立たせる薬ではないため、日常生活への支障がなく、必要な時に飲むことで直ぐに効いて使いやすいです。

パワー低下による中折れの原因と対策法

パワーが弱いために起きる中折れは性行為の最中に鎮まってしまって、行為が続けられなくなる症状です。
ペニスの海綿体に血流が流れることで勃起しますが、これを支えるパワーが弱いと持続が出来なくなります。

起きてしまう原因は色々ありますが、EDと膣内射精障害の2つに分けることが出来ます。
EDには心因性と器質性があり、原因を知ることで対策も出来ます。

中折れは20代の3人に1人、30代の2人に1人が経験するもので一時的な体調不良や気分が悪い時にも起きます。
また、アルコールの飲みすぎなども原因となります。
体調が良いときに何度も起きる時は対策を取った方が良いでしょう。

EDは、満足にセックスが出来ないほど勃起力が下がることですが、20代から30代は心因性が、40代以降は器質性が多いです。

たっても膣内で射精が出来ないために中折れすることもありますが、これは膣内射精障害です。
10分から20分以上挿入していても最後は萎えてしまうときは膣内射精障害の可能性が高いです。
手に力を込めすぎていたり、床にペニスを擦りつけていたりするオナニーをしていると膣内で射精をしないで中折れをします。

EDが原因で重度でない場合は、少しの対策でも改善することがあるため焦らない方が良いです。
取り入れやすいのは運動不足解消とストレス解消です。

心因性の場合は、仕事が忙しかったり会社で嫌なことがあると、ストレスでうつ状態になって中折れをする可能性が高くなります。
ストレス解消とイメージトレーニングが重要です。

読書や音楽鑑賞なども良いですが、身体を動かす趣味の方が運動不足解消も出来るのでおすすめです。
音楽鑑賞はカラオケや楽器の演奏など自分が夢中になれるものが良いです。

イメージトレーニングは、また中折れしたらと不安でいると思考が現実になって可能性が高まるので、セックスで気持ち良く射精をすることを想像します。
これは1回だけではなく習慣化することが大切で、するときも落ち着いて緊張したら腹式呼吸で腹式呼吸で深呼吸をしてリラックスをします。