• ホーム
  • ポゼットはダポキセチン配合のジェネリック医薬品

ポゼットはダポキセチン配合のジェネリック医薬品

2020年01月26日
考えているカップル

早漏の悩みを解消させたい男性が使うのに適しているのは、ダポキセチンという有効成分が配合されている早漏治療薬です。
射精時間を延長させるために地道な男性器トレーニングを行うことも大切ですが、それだけで早漏の悩みを解消させることはできません。
単なる加齢や体力低下によって早漏になるわけではなく、脳内に送られる性的な刺激が過剰になってしまうことが大きな原因なのです。
したがって、早漏治療をする際は性的な刺激を弱める工夫をしなければなりません。

ダポキセチンが配合されている早漏治療薬としてはプリリジーが有名ですが、プリリジーのジェネリック医薬品であるぽぜっとも注目されています。
プリリジーは価格が高いため、長く服用し続けるのが困難だと感じる男性が多いです。
ジェネリックのポゼットなら、プリリジーよりも開発費用が抑えられるため、販売価格も安くなります。
早漏治療薬を1回飲んだだけで悩みが解決することはないので、価格の安いジェネリックは重宝するのです。

これから早漏治療に臨む男性は、最初からポゼットを飲むことが望ましいといえます。
もちろんプリリジーを飲んでいた男性も、途中からポゼットに切り替えて飲むことができるので心配は無用です。
ただしポゼットとプリリジーの双方を飲んでしまうと、ダポキセチンを過剰に摂取することになるため注意しなければなりません。
相乗効果で早漏治療が早まるということはなく、副作用のリスクが高まるだけになってしまいます。

ジェネリック医薬品を使ったことがない人は、もとの薬と比べて安全性が劣ると思いがちです。
しかしジェネリック医薬品は同じ成分から開発されるものなので、安全性の面で心配することはありません。
同じ効果が期待できるにもかかわらず価格が安くなるのがジェネリック医薬品の特徴なので、積極的に活用することが大切です。
長く飲み続けていくことを考えれば、できるだけ費用の負担を軽減させることが望ましいといえます。

早漏治療薬プリリジーとポセットを比較

服用する早漏治療薬を決める際に、プリリジーとポゼットのどちらを選べばよいかの判断をするのは難しいものです。
基本的に期待できる効果は同じなので、価格の安いポゼットにする方が軽い負担で済むわけですが、ジェネリック医薬品に慣れていない人は不安を抱いてしまいます。
そこで、プリリジーとポゼットの共通点や違いについて比較してみることが大切です。
しっかりと比較すれば、どちらを服用するべきかを決めやすくなります。

プリリジーの方が先に開発された薬なので、服用した経験を持つ男性が多いのはポゼットよりもプリリジーの方です。
したがって、どのように効果が得られたかといった情報は入手しやすいといえます。
しかし先に開発された薬だからといって、必ずしも効果が高いとは限りません。
プリリジーの特許が切れてから同じ成分で開発が進められたポゼットも、期待できる効果の点ではプリリジーと変わらないのです。

ポゼットの大きなメリットは、ネット注文をすることができる点です。
プリリジーは医療機関で処方してもらうのが基本ですが、ジェネリックのポゼットは通販サイトでも取り扱われています。
ネット注文をすれば、誰にも知られずに早漏治療に臨むことができて安心です。

プリリジーやポゼットが早漏治療に役立つ理由は、脳内のセロトニンに影響を及ぼすことにあります。
脳内のセロトニンが濃くなると、性的な刺激や興奮も抑えられるのです。
性的な興奮が過剰に伝わってしまうと、意図しないタイミングで射精することになります。
プリリジーやポゼットに含まれるダポキセチンの作用で脳内のセロトニンを調整し、性的な興奮を伝わりにくくすることが早漏治療の効果につながるのです。